予報が変わってみぞれ降る一日に

一昨日までの天気予報では、今日の午前中は晴れるはずでした。しかし昨日から予報が変わり雪だるまマークが出てしまいました。結局今日はみぞれ降る一日になってしまいました。

雪国ではこの季節、少しでも空から雨や雪が落ちてこなければ、残っている外仕事をしたいところです。たとえばまだ畑に残っている大根や白菜などの野菜を収穫したり、庭の植物の囲いをしたりします。

最も几帳面で早々に冬支度を終えた家では、すでに畑の野菜もしっかり収穫して保存してあるはずです。わが家のように怠慢な家が、雪が降ってから慌てるのです。毎年のことで我ながら呆れるのですが、悪い癖は治りません。

例年になく早く大雪が降ったりすると、わが家では食べるものが無くなり、飢え死にしてしまうかもしれませんね。自業自得というものですが。

今日は朝からガソリンスタンドに行き、除雪機用のガソリンを買ってきました。そうしないと除雪ができないからです。雪国では冬の費用がかかります。

それからスーパーに買い出しに行きました。お供え餅がたくさん出ていました。師走ですからね。でもまだお供え餅を買う気分にならなかったのでパス。たぶん20日ごろになったら買うことでしょう。

買い物から帰ったら、お坊さんが来ました。母の命日でした。お経の後、お坊さんはお茶を飲んで雑談をしていきました。

明日は午前中は少し晴れるようですが、今度こそ畑の大根取りをしなければと思います。

Comments are closed.

free blog themes