一番ほっとしてぼうっとする時間

今うちには6歳、幼稚園年長さんの長女と、生後一か月の次女がいます。
夫はいつも帰宅が真夜中なので、朝から晩まで一人で子育てに奮闘しています。

午前中は洗濯や掃除であっという間に過ぎてしまい、午後は赤ちゃんとお散歩に行ったり買い物に行ったりしているうちに3時近くなってしまいます。それから洗濯物を取り込んで畳んで、時間があったら少し晩御飯の下準備をして、長女の幼稚園のお迎えに行きます。

それから長女におやつを食べさせているともう4時過ぎです。
おやつを食べた後は長女は自分の部屋で遊んでいることが多いので、リビングには私と赤ちゃんだけになります。
うまい具合にその時間に赤ちゃんの授乳になっていなければ、私もおやつを食べて、のんびりとドラマの再放送を見ています。

刑事ドラマの再放送なので、一話だけで話が完結するため、毎日見なくてもいいので気が楽です。
見られる時だけ見て、日によっては見ながら寝てしまうこともあります。
それでも全然かまいません。

夜遅くだと夜中の授乳に備えて早く寝たい、という気持ちがあってぜんぜんゆっくりできないので、夕方のこの一時間くらい、家事を前倒し、後にずらして、無理矢理でもぼうっとできる時間がある、
それが私のリフレッシュ方法になっています。

Comments are closed.

free blog themes